« ハイブリッド(CR-Z)のアイドリングストップ | トップページ | CARトップ6月号 藤トモのタビトモ動画「円月島」 »

2011年4月22日 (金)

3気筒と4気筒の振動差チェック!

エンジンは気筒数減に注目が集まっています。
とくに小型車クラスがもっとも顕著といえるでしょう。
マーチは3気筒のみですし、フィアット500は2気筒を追加、ダイハツも2気筒を開発しています。
(ダイハツはイースに2気筒を搭載する予定でしたが、先送りとなった模様です)

さて、気筒数を減らすことによるネックといえば、やはり振動です。
ブルブルといった振動は安っぽさに直結しますし、不快に感じるひともいるはず。
半面、燃費のよさやコストダウン、環境性能(部品点数も少ない)などのメリットもありますが。

ここでは、4台のコンパクトカーの振動を比較してみます。
下記にある動画はエンジンのヘッドカバーに液体入りのカップを置き、その振動を比較したものです(アイドリング状態、エアコンオフ)。

↓4気筒/デミオ1.3リッター

↓4気筒/コルト1.3リッター

↓3気筒/マーチ1.2リッター

↓3気筒/パッソ1リッター

という結果でした。
いやあ、3気筒の揺れっぷりが際立ちますね(笑)。
そして、意外にも(失礼)コルトの振動の少なさはスゴい!
もちろん車内の振動対策や遮音材などによって、実際に運転しているときの感覚はまた異なりますが、それでも3気筒と4気筒では振動の違いが大きいのが現状です。

|

« ハイブリッド(CR-Z)のアイドリングストップ | トップページ | CARトップ6月号 藤トモのタビトモ動画「円月島」 »

オベリベリの日々是エコラン」カテゴリの記事

コメント

エコカー全盛で、アイドルストップが一般的になったことで3気筒の出番が増えたのかもしれませんね。

動画はアイドル時のみですが、実用回転数あたりだとまた違った振動特性が見えてくると思います。各社とも液体封入エンジンマウントでかなりうまく振動が伝わるのを避けています。

そのうちダイナミック型のエンジンマウントもコストが下がってコンパクトカーに使われるかもしれませんね。

投稿: m | 2013年9月13日 (金) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1475594/39713809

この記事へのトラックバック一覧です: 3気筒と4気筒の振動差チェック!:

« ハイブリッド(CR-Z)のアイドリングストップ | トップページ | CARトップ6月号 藤トモのタビトモ動画「円月島」 »