« アウディA1のアイドルストップ | トップページ | VW ゴルフRの実燃費チェック »

2011年4月16日 (土)

プリウス vs CT200h プチ比較

CT2000hを数日乗ったあと、久しぶりに編集部のプリウスに乗りました。
乗り換えて第一に感じたのが、プリウスの軽さ。
その差はおよそ30〜50kg(グレードによる)なれど、ステアリングフィールや足回りの軽薄さ(笑)もあって、クルマが軽いという印象が助長されます。
だから出足はプリウスのほうが速く感じ、スポーツを強調したCT200hのほうが出足が鈍い。
それってどうなの? と思っちゃいましたね。
走りのシッカリ感や質感は断然CT200hなのに、なんだか残念。
Cimg2030
実用性に関しては、ラゲッジ抜きならまあCT200hも悪くない。
iPhone持ちには嬉しいUSBジャックと、最初は疑問だった小物入れがじつに使いやすい。
カップホルダーは真んなかが窪んでいて、缶コーヒー置きにピッタリというのも発見した(計3つ分スペースあるということ)。
しかもスポーツモードとノーマル&エコではスポット照明がレッドとブルーに変わるニクい演出付き。
Cimg2061
燃費は普通に走るなら1割〜2割ほどプリウスが上という印象です。
(編集部〜自宅の往復を試してみて)
それなりのペースなら同等という感じでした。

しかし、CT200hの最大のネックはやはり価格。
イチバン安くて355万円という設定で、プリウスのGツーリング・レザーパッケージと比べても28万円も高い。
GツーリングとFスポーツを比べると、その差はなんと100万円オーバー!
50万円くらいの差だったらブランド力も考えて納得できそうですが、さすがにねえ。
レクサスの象徴でもあるLEDの室内灯やナンバー灯が装備されてないし(ちなみにHS250hも普通のハロゲン)。

価格を抑えたトヨタ版CT200hでないかなあ(ボソッ)。

|

« アウディA1のアイドルストップ | トップページ | VW ゴルフRの実燃費チェック »

オベリベリの日々是エコラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1475594/39628009

この記事へのトラックバック一覧です: プリウス vs CT200h プチ比較:

« アウディA1のアイドルストップ | トップページ | VW ゴルフRの実燃費チェック »