« キャブのスゴさ | トップページ | エコカーカップに注目! »

2011年5月 2日 (月)

ホンダのソーラー技術

ホンダがソーラーパネルを発売していたのは知っていますか?
お恥ずかしい話ですが、不肖ワタクシはつい先日知りました……。(スミマセン)
Cimg2256
ちなみに自動車メーカーとしては初めて太陽電池事業に進出したのがホンダで、その技術を発表したのは1998年。
独力で開発をはじめたのは1986年にもさかのぼるという。

ホンダのソーラーパネルの特徴は、CIGS(銅/インジウム/ガリウム/セレン)薄膜太陽電池という点。
一般的にもっとも採用が多いシリコン系ではなく、薄膜系にしたのは製造エネルギーが少なくて済むことを考えたからだとか。
このあたり、環境負荷低減を優先的に考えるホンダらしい選択と感じます。

実用化されたソーラーパネルはホンダの研究所や工場にも採用され、先日発表した埼玉県庁のソーラー水素ステーションもこの技術が使われています。

原発問題で自然エネルギーが見直されるいま、ディーラー(一部)では売れ筋アイテムになっているところもあるとのハナシです。
新車販売は納期未定が続いているようですし、こんな時勢だからこそソーラーパネルに注目されるのは当然の流れではありますが、クルマを売る販売店の主力(!?)になるとは……いやはや。

|

« キャブのスゴさ | トップページ | エコカーカップに注目! »

オベリベリの日々是エコラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1475594/39837143

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダのソーラー技術:

« キャブのスゴさ | トップページ | エコカーカップに注目! »